節約のアイデア

カードローンと消費者金融での融資

過去に生活費にすら困ってお金を借りていないと生活できない時がありました。そのとき利用したのがまず、クレジットカードでの支払いです。当時は収入が返済の金額に追いつかなかったので、カード会社のリボルビング方式での返済をしておりました。

ですがこれは落とし穴があり、毎月少額ずつ返せるので、メリットを感じますが実際に利用したところ、返済の利息を毎月払っていかなければならないので、長引かせれば長引かせるほど損失を被ってしまいます。そのため会社の方にはその利息が儲けとなりますのでカード会社がキャンペーンなどと称してリボルビングを勧めておりますが、目の前の現実にいっぱいいっぱいになっている状態〔お金がない状態〕だと思いますので、先の事をみると本当に苦しい現実があるのだなと感じました。

現在は全て払い終わりましたのでそれからカードを利用する場合は一括返済を利用しております。次に消費者金融についてですが、こちらはカードでの買い物ではなく、実際に現金が手に入るのがメリットかと思います。その借り入れた現金で投資して増やしてから返済、非常に危険な行為だと言うことは百も承知ですが実際に短期間で確実な利益を埋めるのであれば、利用する価値はあるのかなと思います。ですが融資というものは人を幸せにもしますが、不幸にする可能性も大いにあるという事を理解した上で利用しなければならないものだと思います。

キャッシングの即日融資なら

節約のアイデア

節約は毎日の積み重ねが大きい

584039
毎日の生活の中でできる節約といえばまずは光熱費だと考えました。

基本的な事から始めました。まず使わないコンセントは必ず抜く事。エアコンなど使わない時期はブレーカーから落としています。

料理ではパスタを茹でる時茹で時間よりも早めにガスを止め蓋をして茹で時間まで待つとアルデンテ風のパスタができます。ご飯が炊けたと同時に電源を切ります。今の炊飯器は性能が良く保温力が結構長い間続きますので電源をきっても問題なかったです。

あと冷凍庫はなるべく隙間なく詰め電気代を節約しています。ゆで卵はご飯を炊く時に一緒に炊飯器へ入れて作ります。水代節約、時短にもなりますし洗い物の手間も省けます。家族の洋服は以前はセールなどを利用していましたがフリマアプリが良いと聞き今ではほとんどフリマアプリで購入しています。

新品では手が出せない様なものが中古品で状態が良くしかも半額以下で手に入り大満足ですし子ども服はすぐサイズアウトしたり汚したりするので中古品で安いものを購入し節約しています。そして私も不要になった物はフリマアプリで売りその売上金の中で洋服を売買する様になったので買いすぎをふせげ、ずいぶん節約になっていると思います。

節約のアイデア

スマホによる家庭用ゲームの節約

551303
今までは家庭用ゲーム機、ゲーム商品にかける費用として1ゲームにつきだいたい5000~30000円ほどしていました。時代が時代なだけに家庭用ゲーム機は年々新ソフトを出し自分の懐からお金が逃げていきやりくりが大変で何とかこの状況をゲームを楽しみつつできないかと思い続けていました。

そんな中ガラケーが主体だった時代からスマホが普及し始め今まで電話やメールをするためだけの携帯が一言で言ってしまえば小さなパソコンを持ち歩けるようなりました。それに伴いゲームにも変化が起きました。ソシャゲです。

今までのガラケーでのゲームはつまらなく手を付けませんでしたが、ソシャゲは今までとは違い家庭用ゲームとほとんど動作が変わらないのです。私もガラケーからスマホに変えてから家庭用ゲームにかける費用がガクッと減り今ではスマホの契約費用を月に払うくらいになりました。

スマホのゲームは基本無料で課金することによって強くしたりゲームをスムーズに進めることができますがなくても時間はかかりますが進めることも強くすることもできます。基本的にお金をかけなくて済むので今まで家庭用にかかっていたゲーム代とスマホの明細を見てみると今の方が安上がりなことに気が付きました。

ゲーム好きな人だけの節約術な感じですがスマホを大半の人は持っていると思いましそれを有効に使えれば必ず節約につながると思います。

節約のアイデア

食費をちょっとだけ節約できる豆苗ライフ

最近野菜が高騰して、私たちの家計に大きな打撃を与えています。そんな毎日の中で、私は家計に優しい豆苗を育てることにしています。

豆苗はスーパーの野菜売り場の中で、比較的安く手に入れることができます。80円?100円ほどの値段で、根っこごと売られているものです。おひたしや炒め物にしたり、お鍋に入れたりと使い勝手もよいのが嬉しいです。さらに嬉しいことに、豆苗は育てることができます。

根っこの上の方を切って、1度目の食材に使った後、根っこを水を張ったお皿の上に置いておきます。毎日水をかえ、時には日の当たる所に置いておく。これだけで豆苗はよく育ち、もう一度収穫することができるのです。日当たりが悪い部屋ならば、特に日に当てなくても良いです。

要するに、水に根っこを浸しておくだけで、新たな豆苗が収穫できるということです。この新しく生えてきた豆苗を、キッチンバサミで収穫し、再び調理に使います。ただし、夏場は水換えに気を使わなくてはなりません。1日一回の水換えだとカビが生えてくることがあるので、二回水換えを行うとより良いです。

さらに、二回目の収穫を行った後も、量は少ないですが、もう一度収穫を行うこともできます。一回豆苗を買えば、三回豆苗を買う分の食費が節約できます。育っていく豆苗を見るのも楽しいです。