節約のアイデア

食費をちょっとだけ節約できる豆苗ライフ

最近野菜が高騰して、私たちの家計に大きな打撃を与えています。そんな毎日の中で、私は家計に優しい豆苗を育てることにしています。

豆苗はスーパーの野菜売り場の中で、比較的安く手に入れることができます。80円?100円ほどの値段で、根っこごと売られているものです。おひたしや炒め物にしたり、お鍋に入れたりと使い勝手もよいのが嬉しいです。さらに嬉しいことに、豆苗は育てることができます。

根っこの上の方を切って、1度目の食材に使った後、根っこを水を張ったお皿の上に置いておきます。毎日水をかえ、時には日の当たる所に置いておく。これだけで豆苗はよく育ち、もう一度収穫することができるのです。日当たりが悪い部屋ならば、特に日に当てなくても良いです。

要するに、水に根っこを浸しておくだけで、新たな豆苗が収穫できるということです。この新しく生えてきた豆苗を、キッチンバサミで収穫し、再び調理に使います。ただし、夏場は水換えに気を使わなくてはなりません。1日一回の水換えだとカビが生えてくることがあるので、二回水換えを行うとより良いです。

さらに、二回目の収穫を行った後も、量は少ないですが、もう一度収穫を行うこともできます。一回豆苗を買えば、三回豆苗を買う分の食費が節約できます。育っていく豆苗を見るのも楽しいです。